/

この記事は会員限定です

知財や配当…見えてきた経常黒字の稼ぎ方

[有料会員限定]

東日本大震災をきっかけとする燃料輸入増が追い打ちをかけ、国際収支統計によると2013年に8兆8000億円の貿易赤字に陥った日本。円安でも国内製造業の海外生産シフトは進み、輸出も伸び悩む。だが、最近の経済統計の内容に目をこらすと、貿易収支は赤字でも、知的財産や海外からの配当収入などをテコに経常黒字を確保する日本の新たな道筋もみえてきた。

2014年3月期決算で営業利益が3期連続で最高となったサンリオ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1152文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン