/

この記事は会員限定です

金融ニッポン第5部 松井証券「究極の値下げ」の真意

市場再生への道(1) 最前線から

[有料会員限定]

株式売買委託手数料が1999年10月に自由化されて13年あまり。インターネット証券が競争をけん引して手数料は下がり続けてきた。そして松井証券がついに今年初めから、1注文あたりの取引金額が300万円以上の場合にかかる信用金利と手数料をゼロにする「1日信用取引」サービスを始めた。これ以下には手数料を下げられない究極の値下げだ。松井道夫社長にその真意と個人向けサービスの未来像について聞いた。

――手数料...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2269文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン