/

4月の鉱工業生産、0.2%上昇 市場予想は下回る

経済産業省が31日発表した4月の鉱工業生産指数(2005年=100、季節調整値)速報値は95.8と、前月比0.2%上昇した。プラスは2カ月連続。好調な国内販売を背景にした自動車の生産増が全体の持ち直しをけん引する構図が続いている。ただ4月は事前の市場予想(0.5%)を下回り、市場では回復ペースの鈍化を懸念する声もある。

経産省は全体の基調判断を「持ち直しの動きで推移している」と据え置いた。主力の輸送機械工業は6.5%のプラス。自動車の国内販売や北米輸出が好調なほか、エコカー補助金による堅調な需要を見込んだ在庫の積み増しも目立った。

ただ全16業種のうちプラスだったのは9業種で前月(12業種)から減った。電子部品・デバイス工業は7.8%のマイナスだった。アジア向けのスマートフォン(高機能携帯電話)用半導体集積回路などが落ち込んだためだ。情報通信機械工業も19.5%と大幅なマイナスだった。

同日発表された製造工業生産予測調査は5月がマイナス3.2%、6月は2.4%のプラスだった。5月のマイナス幅は前回調査から0.9ポイント縮小した。経産省は5月の落ち込みについて「4月に好調だった輸送機械の反動減が大きい」と分析している。

大和総研の熊谷亮丸チーフエコノミストは生産の先行きについて「夏場の電力供給不安を見据え、短期的な在庫積み増しの動きも出る」と指摘。一方で、エコカー補助金の効果が一巡するなど下振れリスクには注意が必要としている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン