高級和牛や果物、輸出を支援 加工施設整備に助成

2013/10/31付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は食品の輸出を後押しする。高級和牛や果物など日本が強みを持つ農畜産物を、輸出先の求める基準や品質を満たすようにする施設の整備を助成する。中間所得層が増え、日本ブランドの食品人気が高まるアジアやイスラム圏向けを中心に輸出の拡大を図る。

安倍晋三政権は成長戦略で農林水産品の輸出額を2020年までに1兆円と現在の2倍強に増やす目標を打ち出した。戦略品目として日本産は高級と海外で定評のある牛肉や青果…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]