明治安田生命、一時払い終身予定利率1.1%に下げ

2011/10/31付
保存
共有
印刷
その他

明治安田生命保険は銀行窓口を中心に販売している一時払い終身保険「Everybody(エブリバディ)」の予定利率を年1.5%から1.1%に引き下げる。12月の契約から適用する。長期金利が低下するなど運用環境が悪化し逆ざやリスクが高まるなか、過度の資金流入を回避する狙いだ。31日に発表する。

一時払い終身保険は死亡保障が生涯続く一方、10年後などに解約すれば銀行定期預金より高い利回りが見込める商品。明治安田生命は大手生保の中でも同商品の販売割合が突出している。住友生命保険が2010年に一時払い終身保険の売れ過ぎを懸念して販売を一時休止した例がある。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]