/

日本生命、自社ATMを撤去へ

日本生命保険は9月から順次、全国の支社などに置いてある自社のATMを撤去する。2011年末までに約120台あるATMの大半を回収する。ATMで配当金の受け取りや契約者貸し付けの利用ができるが、提携銀行のATMやインターネットでも同様のサービスが受けられるため、管理コストをかけて残す意義が薄れたと判断した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン