2019年4月23日(火)

公的年金の運用実績、5.7兆円の黒字 10~12月、評価益膨らむ

2014/3/1付
保存
共有
印刷
その他

年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は28日、2013年10~12月期の運用実績が5兆7704億円の黒字になったと発表した。四半期ベースで見た黒字額は過去2番目の水準だ。黒字は6四半期連続で、過去最長となった。昨年末は国内外の株式が上昇し評価益が膨らんだ。

10~12月期の運用利回りはプラス4.73%だった。12月末時点の運用資産額は128兆5790億円で過去最大に膨らんだ。10~12月期の運用資産別の収益率(市場運用分)は国内株式が9.19%、外国株式が16.23%、外国債券が8.16%と大幅に上昇した。国内債券は0.18%の小幅のプラスだった。

GPIFの運用益を、13年1~12月の通年で見ると約18.8兆円となり、過去最高だ。12年末から始まった円安・株高のためだ。少子高齢化で厳しい年金財政にはプラスの影響を与えそうだ。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報