/

マウントゴックス破綻 顧客のビットコインは消失

再生法申請、債務超過に

インターネット上の仮想通貨ビットコインの取引所「マウントゴックス」を運営するMTGOX(東京・渋谷)が28日、東京地裁に民事再生法の適用を申請し、同日受理されたと発表した。債務が資産を上回る債務超過に陥っていた。顧客が保有する75万ビットコインのほか、購入用の預かり金も最大28億円程度消失していたことが判明した。

記者会見で頭を下げるMTGOXのカルプレス社長(28日午後、東京・霞が関)

MTGOXのカルプレス・ロベート社長は28日夕の記者会見で「ビットコインがなくなってしまい、本当に申し訳ない」と謝罪した。配布した資料によると、流動負債の総額は65億円で、「債務超過の状態にあると判断した」という。

民事再生法の申請に至った理由について、同社は「ビットコイン」と「預かり金」の消失で負債が急増したことが原因と説明した。2月初旬、システムの不具合(バグ)を悪用した不正アクセスが発生し、売買が完了しない取引が急増。「バグの悪用により(ビットコインが)盗まれた可能性が高い」と判断した。消失したのは顧客分75万ビットコイン、自社保有分10万ビットコイン。

一方、社内調査の結果、今月24日、利用者からの預かり金を保管する預金口座の残高が最大で28億円程度不足していることが判明。「今後膨大な取引を調査する必要がある。原因はおろか確かな金額も確定できていない」という。会社の経費などに使われた可能性もありそうだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン