/

武富士、社債926億円が債務不履行に S&Pが格下げ

武富士が28日、会社更生法の適用を申請したことを受けて、同社が過去に発行した国内普通社債(SB)の300億円を含むすべての社債が、元利金の支払いが滞る債務不履行(デフォルト)になった。同社の社債発行残高は8月末時点で国内外を含め926億円。

これを受けて、米スタンダード&プアーズ(S&P)は同日、武富士の格付けを「ダブルC」からデフォルトの状態を示す「D」に引き下げた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン