/

T&Dホールディングス、社長に中込氏を発表

T&Dホールディングスは28日、4月1日付で宮戸直輝社長(67)が退任し、後任に子会社の太陽生命保険の中込賢次社長(57)を充てる人事を正式発表した。宮戸氏は会長に就任する。太陽生命社長には田中勝英副社長(56)が昇格する。トップ交代は2004年の大同・太陽の経営統合以来、初めて。

大同生命出身の宮戸氏は28日の記者会見で、中込氏を起用する理由について「一時は落ち込んでいた太陽生命の業績を急回復させて、グループのけん引役に育て上げた」と説明した。

同グループは傘下に中核となる生保を抱え、合併はしない方針。中込氏は「それぞれの子会社が独自性を発揮できるようにコミュニケーションを重視する」という方針を示した。田中氏は「営業力強化やIT(情報技術)導入による改革を進めたい」と述べた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン