2019年9月19日(木)

三井住友FG、純利益2倍の5151億円 4~12月

2011/1/28付
保存
共有
印刷
その他

三井住友フィナンシャルグループが28日発表した2010年4~12月期決算は、連結純利益が前年同期の約2倍の5151億円となった。金利低下で国債売買益が膨らんだほか、不良債権の処理損失が減少したため。11年3月期通期の予想純利益は従来と同じ5400億円で据え置いた。

本業のもうけを示す実質業務純益は前年同期比13%増の6334億円となった。金利低下で貸出金収益は減少したが、国債の売買益などを含む、その他の業務利益が前年同期の30億円から680億円に膨らんだ。企業業績が改善し、倒産件数も減少したため、不良債権処理損失は前年同期比で7割減って504億円となった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。