2019年2月21日(木)

地銀9行が地域再生で連携 福岡銀など、域外融資も

2014/1/28付
保存
共有
印刷
その他

福岡銀行など全国の有力地銀9行は28日、地域再生や活性化で連携すると発表した。各行が拠点を置く道府県や地域の枠を超えて協力関係を深め、地元企業の事業拡大や域外融資の増加につなげる。人口減少や貸出金利の低下で経営環境が厳しくなる中、広域連携で収益を多様化させる。

参加するのは福岡銀のほか、北海道銀行、七十七銀行(宮城県)、千葉銀行、八十二銀行(長野県)、静岡銀行、京都銀行、広島銀行、伊予銀行(愛媛県)。道府県域だけでなく各地域で預金量トップクラスの有力地銀が集まった。

福岡銀の田上裕二総合企画部長は「日本全国をカバーするメガ銀行に負けないネットワークになる」と強調する。「多数が参加すると意見調整が難しくなる」と9行に絞った理由を説明したが、「排他的なものではない」としてさらに他行が参加する可能性もあるとした。

連携策は、各行による協調融資や取引先企業のM&A(合併・買収)の候補先探しで協力することなどが柱。参加行の取引先企業が他地域へ事業展開を検討する場合、提携相手を仲介したりするケースが考えられる。

別のケースでは、ある参加行が手掛けた事業再生案件で、最終的な買い手探しを別の参加行が手伝う。その買い手企業に対する買収資金を各行が協調融資することなども想定しているという。

昨年3月には北海道銀行と七十七銀行など東北10行が互いに取引先中小企業を紹介することで提携した。全国規模の連携の枠組みは今回が初めて。取引先企業の広域展開ニーズに応えると同時に、地銀側の収益を多様化させる狙いもあり、都道府県域を越えた広域連携の流れが進みそうだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報