/

国内初の2段階TOB ユニゾン・キャピタルが旭テック買収

国内投資ファンドのユニゾン・キャピタルは28日、自動車部品メーカーの旭テックを約400億円で買収すると発表した。国内初の「2段階TOB(株式公開買い付け)」を採用。来年1月に大株主から約3分の2の株式を買い付け、来年2月以降に一般株主からより高い価格で買い取る。

TOBを2回に分け、一般株主に有利な条件で売却する機会を与える。大株主のRHJインターナショナル(旧リップルウッド)と東京海上日動火災保険は、保有する優先株を一括売却できることなどを理由に、低い価格でのTOB応募に同意したという。一般株主向けの買い付け価格は1株33円で、28日の終値を14%上回る。

旭テックはユニゾンの傘下に入った後、中国やタイで自動車部品の事業拡大を加速する。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン