/

この記事は会員限定です

中央三井アセット信託、英生保系から1100億円受託

[有料会員限定]

中央三井トラスト・ホールディングス傘下の中央三井アセット信託銀行は、英大手生命保険会社スタンダード・ライフ・グループの資産運用会社と業務提携する。同社が運用する資産のうち1100億円を日本株の運用や助言で受託するほか、今後は共同商品の開発なども検討する。

信託銀行が海外投資家の資金を日本で運用する例は少なく、国内株式市場の活性化につながる期待もある。

提携先はスタンダード・ライフ・インベストメンツ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り396文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン