/

全信組連理事長に内藤氏を発表 被災信組への対応課題に

信用組合の中央金融機関である全国信用協同組合連合会は28日、小山嘉昭理事長(69)が退任し、後任に前金融庁総務企画局長の内藤純一氏(59)が就任したと正式発表した。旧大蔵省(現財務省)出身者のトップ就任は4代連続。

福島第1原子力発電所の事故によって、一部店舗が営業休止になっている信組への対応が課題となる。

内藤 純一氏(ないとう・じゅんいち)75年(昭50年)東大経卒、旧大蔵省入省。銀行課長、東海財務局長などを経て06年証券取引等監視委員会事務局長、08年金融庁総務企画局長。10年11月アビームコンサルティング顧問。兵庫県出身。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン