/

この記事は会員限定です

三井住友信託、韓国外換銀と提携 協調融資など

[有料会員限定]

三井住友信託銀行は28日、韓国外換銀行と業務提携した。海外展開する韓国企業向けの協調融資や金融商品の共同開発を通じて、今後韓国での基盤を拡大する。

同日午前に韓国で両行首脳が覚書(MOU)を結んだ。提携第1弾として、現地の機関投資家向けに日本の不動産投資情報を提供するセミナーも開いた。

外換銀は韓国2位のハナ金融グループの傘下で、総資産は約9兆円。23カ国に進出するなど国際業務に強みを持つ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り211文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン