/

この記事は会員限定です

金融庁、投信の監督強化 NISA開始にらむ

[有料会員限定]

金融庁は銀行や証券会社に投資信託の商品構成や販売体制の見直しを求める。27日から適用する新たな監督指針で、手数料を稼ぐために別の投信への乗り換えを勧める回転売買や過剰な分配金を出す商品は「(市場発展には)なじまない」と明記。同指針に基づき、金融機関の商品・販売体制を点検する。長期保有を軸とする健全な投資信託市場の拡大につなげる狙い。

金融庁は新指針で、2014年1月から始まる少額投資非課税制度(日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り741文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン