/

消費者物価、5カ月連続下落 9月は0.1%

デフレ基調変わらず

総務省が26日発表した9月の全国消費者物価指数(CPI、2010年=100)は、値動きが激しい生鮮食品を除いたベースで99.8となり、前年同月比で0.1%下落した。下落は5カ月連続。マイナス幅は前月より0.2ポイント縮まったものの、電気代の値上げやガソリン高が影響している。テレビなど耐久消費財は大幅な下落が続いており、デフレ基調は変わっていない。

日銀は30日に開く金融政策決定会合で14年度にもCPI上昇率が1%に届かないとの見通しを示すとともに、追加金融緩和に踏み切る見通し。9月のCPIは物価の上昇基調が見通しにくい現状を再確認した形で、デフレ脱却の道筋はなお不透明だ。

9月はテレビが4.7%、プリンターが46.1%それぞれ下落し、教養娯楽用の耐久財全体でみると9.9%のマイナスだった。耐久消費財のほか外国パック旅行が11.6%下落するなど、幅広い品目でマイナスが続いている。

電気代は東京電力の値上げを反映して7.3%上昇し、ガソリンも1.8%上昇と4カ月ぶりにプラスになった。物価動向の基調をみるために食料とエネルギーを除いたベースでみると、前年同月比0.6%の下落で、マイナス幅は前月から0.1ポイント拡大した。

このほか生鮮食品は前年同月比で6.0%下落した。マイナス幅は前月から2.0ポイント拡大した。レタスやキャベツ、キュウリが値下がりしている。生鮮食品も含めた総合でCPIをみると0.3%のマイナスで、前月から下落幅を0.1ポイント縮めた。

全国分の先行指標となる東京都区部の10月のCPI(中間速報値)は、生鮮食品を除く総合指数が99.3となり、前年同月に比べて0.4%下がった。マイナス幅は前月から横ばいで、物価の基調は10月も変わっていない。前月と比べるとガソリンの上昇幅が拡大した一方、電気代が値下がりした。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン