黒田日銀総裁、金融市場「過度な期待示す動きない」

2013/5/26付
保存
共有
印刷
その他

日銀の黒田東彦総裁は26日、都内で講演し、株式など金融市場や金融機関に「現時点では、過度な期待の強気化を示す動きはみられていない」と語った。株価急落や長期金利の乱高下など市場の不安定な動きが続く中、黒田総裁就任後の日銀の積極的な金融緩和が市場を過熱させているとの見方をけん制した。

都内で講演する黒田日銀総裁(テレビ東京)

都内で講演する黒田日銀総裁(テレビ東京)

黒田総裁は日本の金融システムは「金利の上昇や大幅な経済の悪化といったショックに対する耐性を十分備えている」と強調。長期金利が1~3%程度上昇しても「経済・物価情勢の改善を伴うものであれば、貸し出しの増加や利ざやの改善、株価の上昇などにより、金融機関の収益にプラスの影響が及ぶ」との見通しを示した。

ただ経済が改善しないまま財政懸念を背景に金利が上昇する場合は「金融機関には債券評価損という負の影響が強く出る」とも指摘。政府に「財政構造改革に向けた取り組みを着実に進展させていくことが重要だ」と求めた。そのうえで、2年程度を念頭に2%の物価上昇率を達成するとの日銀の物価目標について「可能であるし、達成しなければ中央銀行としての信頼性は回復しない」と述べた。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]