金融庁、未上場株へのネット投資解禁へ 金商法改正案

2014/2/26付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

金融庁はインターネットを使った未上場株への投資の勧誘を解禁する。金融商品取引法(金商法)を改正し、1人当たり50万円を上限に投資できるようにする。仲介業者の規制も緩める。約1600兆円に上る家計の金融資産の一部を活用し、ベンチャー企業の資金調達を支える。今の通常国会に金商法の改正案を提出し、2015年春の施行を目指す。

導入するのはネットを通じて不特定多数から小口の出資を募る株式型クラウドファン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]