日銀、追加緩和を検討 臨時会合の開催も
財務省は単独介入も視野

(1/2ページ)
2010/8/25 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

急激な円高・株安を受け、日銀は追加的な金融緩和策の検討に入った。金融市場への資金供給の拡充が有力。市場動向によっては9月6~7日の金融政策決定会合を待たず、臨時の決定会合で対応を協議する案も浮上している。財務省は円高に歯止めがかからない場合、日本単独での円売り・ドル買いの為替介入を視野に入れる。円高・株安の同時進行で、景気の下振れリスクが一段と高まることに懸念を強めている。

日銀が追加緩和の検討…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

円高 専門家の見方

株安 専門家の見通し


電子版トップ



[PR]