2019年6月18日(火)

日銀総裁「脱デフレで改革好機」 人手不足など懸念

2014/5/24付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日銀の黒田東彦総裁は日本経済新聞のインタビューで、デフレ脱却が進んで「日本経済は構造改革できる局面になってきた」と主張した。足元の人手不足や設備投資の不足を懸念し、官民で成長力の底上げを急ぐべきだとの考えを強調した。昨年4月に導入した大規模な金融緩和は、着実に効果をみせていると分析。一方で追加緩和が必要になれば「政策余地はいろいろある」と述べ、柔軟に対応する考えも示した。

黒田総裁は消費者物価指…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報