/

この記事は会員限定です

規制緩和、後退強まる 薬ネット販売全面解禁修正へ

[有料会員限定]

一般用医薬品(大衆薬)のインターネット販売を巡って、一部品目に規制が残る見通しとなった。6月に安倍晋三首相は全ての薬の解禁を表明したが、修正を迫られることになる。「ネットは危険」とした厚生労働省や族議員の抵抗が強かったためだ。ネットでは買えない薬を設けることで、ドラッグストアなどの対面販売の優位性が残る。

ネット販売は1月の最高裁判決が、第1類から第2類を一律に規制した厚労省令を違法としたことで、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り333文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン