/

この記事は会員限定です

預金保険料率、初の引き下げへ 「銀行破綻なし」で0.01%

[有料会員限定]

預金保険機構は預金保護や金融システム維持に使う預金保険の料率を、2012年度から条件付きで下げる方向で最終調整に入った。1年を通じて銀行が破綻しなかった場合、保険料をさかのぼって約0.01%下げ金融機関に還付する。

1971年の制度発足以来、条件付きとはいえ保険料の引き下げは初めて。預保機構が26日に開く運営委員会で決める。

預金保険料は全国の銀行や信用金庫、信用組合、労働金庫が破綻時の預金者保護...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り857文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン