AIPジャパン、ヘルスケア専門ファンド 大和など出資

2014/5/25付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ファンド運営のAIPジャパンは高齢者施設に投資を限ったヘルスケア専門のファンドを設立する。スタート時は大和証券グループ本社や東京スター銀行が出資。生命保険など機関投資家からも資金を募り、約300億円の運用規模を目指す。

ヘルスケア専門の不動産投資信託(REIT)は上場計画が相次ぎ、優良物件の確保が難しい。新ファンドは稼働率が低い物件に投資、経営を改…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]