/

この記事は会員限定です

「消えた年金」集中処理へ 年金機構、13年度

[有料会員限定]

日本年金機構は「消えた年金」問題を解決するため、2013年度末までを集中処理期間として、大規模な周知活動を始める。市町村や介護事務所などの協力を得て高齢者に記録の確認を促す。今月末から各個人がインターネットから年金の加入記録を調べられるようにする。

約2200万件に上る未解決の年金記録は住所不明などで解明が難しい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り157文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン