2018年11月19日(月)

社会保障改革 給付抑制策、踏み込み不足
年金は時期示さず

2013/8/22付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は21日、社会保障制度改革の道筋を示すプログラム法案の骨子を閣議決定した。給付の大半を受ける高齢者に応分の負担を求める方針を示したが、抑制策は踏み込み不足が目立つ。年金分野は全ての抑制策の実施時期を示さず、先送りした。高齢者の反発を恐れ、負担増に及び腰の姿勢を続ければ、今回決めた改革案ですら棚上げの懸念がでてくる。

社会保障制度改革国民会議の報告書は、社会保障の支え手を現役世代に限定せず、各…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報