/

マネックス、米ネット証券を買収へ 339億円、公開買い付け

マネックスグループは21日、米ネット証券のトレードステーショングループを買収することで同社と合意したと発表した。TOB(株式公開買い付け)による完全子会社化を目指す。買収額は約4億1100万ドル(約339億円)を見込む。海外市場への展開を加速し、収益基盤の拡大を狙う。

TOBはマネックスが米国に設立した買収子会社が4月中にも実施する。米ナスダック市場に上場するトレードステーション株を1株当たり9.75ドルで買い付ける。買収価格は同社の直近3カ月の平均株価に39%を上乗せした価格になる。買収資金は手元資金と銀行借り入れで賄う。

トレードステーションは1982年設立で、2010年12月期の業績は純営業収益が1億2890万ドル、純利益が1140万ドル。欧州にも顧客を持ち、同年12月時点で4万8000口座、預かり資産20億ドルを抱える。マネックスは買収により米欧市場に足場を築くとともに、同社の高度なシステム開発力を生かして国内の個人向けサービスを充実させる考え。

マネックスは昨年に香港のブーム証券グループを買収した。同日記者会見したマネックスの松本大社長は「グローバル化を進め、収益や顧客の基盤分散を図りたい」と語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン