所得の海外流出 18兆円 11年度、原油高など響き過去最大

2012/4/21付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

貿易を通じた所得の海外流出が拡大している。2011年度は流出額が18兆円を超え、比較可能な1980年以降で最大となった。原油や液化天然ガス(LNG)の国際価格上昇により輸入物価が高騰し、仕入れ価格の上昇が企業収益を圧迫する構図が続いている。所得・雇用環境の改善が遅れれば、持ち直しつつある家計消費を再び冷やす懸念もある。

第一生命経済研究所が貿易統計をもとに試算した1~3月期の所得の海外流出(交易…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]