/

この記事は会員限定です

中国のレアアース輸出制限、日米欧が勝訴へ

WTO、是正求める

[有料会員限定]

中国によるレアアース(希土類)など鉱物資源の輸出制限問題を審査してきた世界貿易機関(WTO)の紛争処理小委員会は、24日にも日米欧の提訴内容を認める報告書を公表する見通しだ。中国に対しては輸出制限を撤廃するよう求める。2年間の審議を経て、日中間のレアアース問題はひとつの節目を迎える。

紛争処理小委は「第一審」にあたる。今後、中国は60日以内にWTOの最終審にあたる上級委員会へ異議を申し立てる見通し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り339文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン