/

この記事は会員限定です

東電の新再建計画、無担保切り替え時期は明記せず

[有料会員限定]

東京電力と原子力損害賠償支援機構が年内にまとめる新たな総合特別事業計画(再建計画)で、金融機関からの融資を無担保に切り替える時期は明記しない見通しとなった。代わりに、東電の収益が安定した段階で東電が無担保融資を要請し、金融機関が検討するとの文言を盛り込む。

東電の融資は東日本大震災が起こるまで大半は無担保だった。大震災後に東電の信用力が低下したため、取引金融機関は昨年夏以降、社債と同様に担保を取...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り385文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン