物価上昇0%台後半 日銀、追加緩和検討へ
14年度見通し、1%目標に届かず

2012/10/18付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本銀行は30日に示す「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」で、2014年度の消費者物価(除く生鮮食品)の上昇率の見通しを前年度比0%台後半とする方向で検討に入った。中国など海外経済の減速が長引いていることから、見通しを下方修正する。日銀が実質的な物価目標に掲げる「1%」が見通せないため、30日に開く金融政策決定会合で追加金融緩和を協議する。

日銀はこれまで物価上昇率は「14年度以降、遠からず…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]