店頭FX、4月の売買額が初の400兆円突破

2013/5/16付
保存
共有
印刷
その他

金融先物取引業協会は16日、店頭外国為替証拠金(FX)取引の4月の売買高が前月の1.5倍の443兆3600億円だったと発表した。2008年11月の統計開始以来、400兆円を超えたのは初めて。1998年にFXが始まって以来の最高規模となった公算が大きい。

「円・ドル」取引が前月比75%増の263兆円と、全体の6割を占めた。日銀が大規模な金融緩和策を決めたことで円安・ドル高が進み、月間値幅は7円38銭と09年2月以来の大きさになった。月後半は1ドル=100円を目前にもみ合ったが、個人の関心は薄れず「わずかな値幅でも売り買いが膨らんだ」(ヒロセ通商の友延雅昭氏)。

マネースクウェア・ジャパンの相葉斉社長は「取引の減少傾向が転機を迎えた」と話す。FXでは10年から11年にかけて証拠金倍率(レバレッジ)に上限が設けられ、個人が同じ額の証拠金で取引できる外貨の量が大きく減った。円相場の膠着も響き、12年8月には110兆円程度まで取引が落ち込んでいた。

足もとでは初心者や高めの年齢層が取引に加わるなど、「投資家の裾野が広がってきた」(相葉氏)という。「得た利益を証拠金に積み増し、取引額をさらに増やす」(サイバーエージェントFXの遠藤寿保グループマネージャー)好循環もみられ、盛況が続きそうだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]