健康努力で「ご褒美」 健保、現金など支給へ

2014/5/22付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は、健康づくりに努力している人に現金などを給付する新制度を2015年度にもつくる方針だ。詳細な健康診断を受けたり、喫煙をやめたりしているかなどの基準を上回った人に健康保険組合から支給する。健康への意識を高めることで、40兆円規模に膨らんだ医療費を減らす効果が見込めると判断している。

新制度は厚生労働省が指針を作り、企業の健保組合や市町村の国民健康保険に普及を促す。6月にまとめる成長戦略に盛り…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]