/

米の2氏にノーベル経済学賞、最適な組み合わせ理論

【ロンドン=上杉素直】スウェーデン王立科学アカデミーは15日、2012年のノーベル経済学賞を米ハーバード大学のアルビン・ロス教授(60)と米カリフォルニア大学ロサンゼルス校のロイド・シャプレー名誉教授(89)の2氏に授与すると発表した。就職活動をする学生と企業など2つの集団の最適な組み合わせを決める理論を考案し、実際の制度に適用した業績が評価された。

授賞理由は「安定配分理論とマーケットデザインの実践」。シャプレー氏は、お互いに駆け引きしながら意思決定する経済主体を分析するゲーム理論を応用し、「ゲール=シャプレー・アルゴリズム」と呼ばれる組み合わせ(マッチング)の手法を開発した。この手法を使うと、就活生と企業のような2つの集団の双方が、全体として最も満足度が高くなるような組み合わせを決められる。

ロス氏は実験経済学が専門で、この手法を実際の社会制度に導入できるよう工夫。米国では新人医師が研修先の病院を選んだり、小中高生が公立学校を選んだりする際に活用されているほか、日本の研修医マッチングでも導入されている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン