2019年2月18日(月)

群馬県林業公社が民事再生法申請 負債総額166億円

2011/4/15付
保存
共有
印刷
その他

群馬県の外郭団体である群馬県林業公社(前橋市)は15日、前橋地裁に民事再生法の適用を申請し、受理されたと発表した。負債総額は166億円。木材価格の下落に歯止めがかからず、事業収益で債務を返済するメドが立たなくなった。県によると、民事再生法を活用して林業公社の法的整理に踏み切る例は全国で初めてという。

県は公社に115億円を貸し付けているほか、公社が日本政策金融公庫から借りた51億円についても損失補償している。再生手続きに際し、県は債権の大半を放棄する方針で、損失補償を含めて150億円程度の損失が発生する見通し。公社は2014年3月までに再生計画を完了し、新たな受け皿に事業を移管したうえで解散する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報