金利ボーナス、11年度に消失 住信が分析

2012/3/15付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国債残高が増えても金利低下によって利払い費の増大が抑えられる「金利ボーナス」と呼ばれる現象が、2011年度になくなるとの分析を住友信託銀行がまとめた。国の利払い費の動きを、国債残高と金利動向という2つの要因に分けて分析。09年度と10年度は金利変動が利払い費を抑制する方向に働いたが、11年度は国債残高と金利変動がともに利払い費を増やす方向に作用すると結論付けた。

国の利払い費は1990年代から2…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]