東電、柏崎再稼働なら経常益1070億円 収支計画

2013/11/15付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京電力は14日、日本政策投資銀行や三井住友銀行など主力取引銀行に新たな収支計画の素案を提示した。柏崎刈羽原子力発電所6、7号機(新潟県)を来年7月に再稼働した場合、2014年度に1070億円程度の経常黒字を確保できるとした。取引金融機関は収支計画を精査し、12月に借り換え分も含めて5000億円の融資に踏み切る方向だ。

東電は14日、政投銀や3メガバンクなどに、今年度は250億円程度の経常黒字に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]