/

保険金未払い「東京海上以外にない」 金融庁調査

金融庁は14日、東京海上日動火災保険が自動車保険の一部の保険金を支払っていなかった問題で、「他損保も確認したところ同様の事例はなかった」と発表した。金融庁の当時の対応については「東京海上日動の説明に一定の理由があり、報告を受理した。対応が不適切だったとは考えていない」と釈明した。

東京海上日動で保険金が支払われていなかったのは、02年4月から03年6月の「対人臨時費用補償」と呼ばれる契約。契約者のほぼ全員が入る契約で、けがをさせた相手が入院したり死亡したりした場合、1万~10万円の保険金が受け取れた。金融庁は今回の問題発覚を機に、2005~06年の間に他の損保会社26社でも保険金に不払いがないか調査していた。

金融庁は不払い調査の対象期間を02年以降と指示していたが、東京海上日動は02年4月から03年6月までの対人補償だけ調査対象から外していた。金融庁は「商品の多様性などを踏まえ一律の対応を求めていなかった」と説明。東京海上の当時の姿勢に「請求がなかった契約者にもホームページなどで周知し、時効となっても対応するとしていた」と一定の理解を示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン