/

この記事は会員限定です

NISA子ども版、16年にも 親世代の投資促す

子・孫名義、引き出し制限

[有料会員限定]

政府の少額投資非課税制度(NISA)拡充策の概要が固まった。(1)子ども版NISAを2016年にも創設(2)大人版の非課税枠を年200万~300万円に引き上げ(3)非課税期間の段階的延長――が柱。子ども版NISAは祖父母や両親が孫や子どもの名義で投資する場合、年100万円以下であれば受け取る配当や将来の売却益を非課税にする。世代を超えた金融資産の移転を促す。

NISAは専用の口座を開くと元本で年1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1125文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン