/

経団連・同友会トップ、菅首相続投を支持

主要経済団体のトップは12日、菅直人首相の続投を支持する意向を相次ぎ表明した。日本経団連の米倉弘昌会長は同日の記者会見で「大いに支援していきたい」と指摘。「強い経済、強い財政、強い社会保障の実現に一直線に進んでほしい」と要望した。

経済同友会の桜井正光代表幹事も記者団に「長期間にわたって国をリードしていける政権の構築が重要だ。首相を簡単に代えてすむ話ではない」と語った。今回の参院選の結果については「衆院で圧倒的な多数を占める民主党に、国民が歯止めをかけた面もあるのではないか。二大政党制を前提に、いかに建設的に克服していくかが課題だ」との見解を示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン