/

産業革新機構、ロボットベンチャーに出資

官民ファンドの産業革新機構は12日、ロボットベンチャーのスキューズ(京都市)に出資すると発表した。上限は5億円で、持ち株比率は半数未満という。スキューズは、人間の手のように動く5本指ロボットの開発が主力事業。柔らかい素材をつかむことができ、食品工場などに導入されている。自動車や製薬分野にも進出する機会があると判断し、同機構は投資を決定した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン