公認会計士の合格者、11%減 今年1347人

2012/11/12付
保存
共有
印刷
その他

金融庁の公認会計士・監査審査会は12日、2012年の公認会計士試験の最終合格者が前年比11%減の1347人だったと発表した。合格者数は06年に新試験制度に移行して以降で最少。願書提出者数も大幅に減ったため、合格率は7.5%と1ポイント上昇した。

合格者の最高年齢は59歳、最年少は18歳で、平均年齢は26.6歳。女性の合格者は249人で全体の18.5%を占めた。合格者の職業は、7割以上が「学生」「専修学校・各種学校受講生」だった。

審査会によると、会計士の大口就職先である大手監査法人で一定の採用増加が見込めることや、一般企業の採用が増えていることなどから「試験合格者を取り巻く環境は改善している」という。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]