3月の銀行貸出残高、2%減 4カ月連続マイナス
企業の設備投資意欲弱く

2010/4/12付
保存
共有
印刷
その他

日銀が12日発表した3月の「貸出・資金吸収動向」によると、全国銀行の貸出残高(月中平均)は前年同月比2.0%減の401兆1327億円だった。4カ月連続のマイナスで、減少幅は2005年8月以来の大きさ。企業の設備投資意欲や資金需要が弱かったため。金融危機の影響で前年同月に貸出残高が大きく伸びた反動も出た。

内訳をみると、都銀が同3.6%減の206兆6757億円で5カ月連続で減った。地方銀行と第二地方銀行の合計は同0.1%減の194兆4570億円で5年ぶりにマイナスに転じた。3月末のコマーシャルペーパー(CP)引受残高は同34.1%減の8兆7131億円で、01年4月の調査開始以来、過去最低となった。

実質預金(手形や小切手を除き、譲渡性預金を含む)は同2.4%増の534兆2300億円だった。企業が手元資金を厚めに積んでおく傾向が続いており、高水準の伸びとなった。

09年度の全国銀行の平均貸出残高は前年度比0.8%増の402兆4027億円で4年連続の増加となった。上半期中に貸出残高が高水準で伸びたことから、年度ベースでもプラスを保った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]