/

銀行預金、融資に回らず 10年末の差額、最大の150兆円

銀行に集まった預金が企業などへの融資に回らない。全国銀行協会によると2010年末の預金残高が564兆円に達する一方、貸出残高は416兆円と2年連続で減少。預金残高と貸出残高との差は150兆円近くと過去最大になった。設備投資などを手控えた企業の資金が預金として積み上がる一方、借り入れ需要が高まらず、マネーの循環が滞っている。

昨年末の預金残高は09年末に比べ1.5%増え、比較可能な統計がある1999年以降で最大だが、貸出金残高は2.1%減。預金がどれくらい貸し出しに回ったかを示す「預貸率」も過去最低の73%と、10年前に比べ約25ポイントも低下した。中小企業向けの貸出残高は171兆円と、ここ10年で約60兆円減らした。

銀行は融資に回らない資金を国債投資に振り向け、昨年11月末の保有残高(日銀調べ)は142兆円まで拡大。国の財政悪化が顕著となる中、長期金利の上昇に歯止めをかけている面もある。

銀行融資の減少は、景気の停滞で企業の資金需要が落ち込んでいるためだ。10年7~9月の民間設備投資はなお金融危機前の8割程度。国内銀行の平均貸出金利は昨年10月に初めて1.0%台まで下がったが、企業の投資意欲は高まらない。

13年に国際的に銀行の自己資本規制が強化される影響もある。新規制の対象となる可能性がある大手銀6行の昨年末の貸出残高は4.8%減。ほとんどが規制強化の対象外の地方銀行(63行)は0.8%増えた。

銀行は国内の停滞を受けてアジアなど新興国向けの貸し出しを強化している。ただ邦銀の海外支店の貸出残高は25兆円と規模はまだ小さい。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン