2019年9月15日(日)

13年の訪日外国人、1000万人に 中国からも急回復

2013/12/12付
保存
共有
印刷
その他

日本を訪れる外国人の数が今年、初めて1000万人の大台を超す見通しとなった。日本政府観光局が11日発表した11月の訪日外国人客数は前年同月比29%増の84万人だった。1~11月の累計では約950万人で、「今月中旬以降に1000万人を達成できる」(久保成人観光庁長官)。円安効果に加え、中国からの客足の回復も効いた。

11月の訪日客数で最多は台湾で44%増の17万7900人。2.1倍のタイや73%増のマレーシアなど、7月に観光査証(ビザ)の発給要件を緩和した東南アジアからの訪日客も急増した。

中国も96%増の10万1900人と伸びが目立った。昨年9月の沖縄県・尖閣諸島の国有化後は低迷したが、今年9月にプラスに転換。3カ月連続で前年同月を上回った。

訪日客増加は景気を下支えしている。ホテルオークラ東京(東京・港)では11月の客室稼働率が前年同月比14.8ポイント上昇の93.5%となり、リーマン・ショック前の水準を回復した。外国人比率はほぼ50%で、全体の稼働率を10ポイント強押し上げたという。

高島屋では11月の外国人向け売上高が前年同月比75%増えた。このうち3割を回復傾向の中国人が占める。バッグなど海外高級ブランドの購入が目立つという。居酒屋「北海道」などを運営するコロワイドは「外国人客の予約は前年の3倍以上になっている」と説明する。

訪日客が1000万人になると、名目国内総生産(GDP)は2.6兆円増え、2012年比でGDPを0.1%分押し上げる見通し。お隣の韓国を訪れた外国人観光客は今年1200万人を突破する勢い。政府は東京五輪を開催する20年を念頭に訪日客数を年2000万人に増やす目標だ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。