/

この記事は会員限定です

金融緩和、脱デフレに政策余地あるか 衆院選争点

[有料会員限定]

16日投票の衆院選で金融政策が争点になっている。デフレ脱却と日本経済再生に金融政策はまだ有効なのか。政策余地について異なる見方を示す識者にそれぞれ論じてもらった。

「潜在成長率上げが先決」 岩本康志・東京大学大学院教授

「デフレ脱却に向けた政策として『大胆な金融緩和』という言葉が独り歩きしているが、効果的な手段は具体的には存在しない。政策金利が限りなくゼロに近づき、本来、強力な金融緩和手段となる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2099文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン