日本郵政社長に西室氏、傘下の郵便トップも退任へ
政府、異例の人事介入

2013/5/10付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本郵政グループが経営陣を大幅に入れ替える。政府は持ち株会社の日本郵政の坂篤郎社長(66)が退任し、後任に郵政民営化委員会の西室泰三委員長(77)を起用する方向で最終調整に入った。傘下の日本郵便の首脳人事のほか社外取締役の交代も検討する。日本郵政は「政府の要請を受けて、坂社長は6月に退任する」とコメントした。

今回の人事は昨年12月、安倍政権発足直前に日本郵政が坂氏の社長昇格を発表したのに、菅義…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]