2019年9月22日(日)

NISグループ、民事再生法を申請 負債総額508億円

2012/5/9付
保存
共有
印刷
その他

東証2部上場の事業者向け金融、NISグループは9日、東京地裁に民事再生法の適用を申請し、保全処分と監督命令を受けたと発表した。負債総額は508億円で、増加する可能性もある。主要取引先だった日本振興銀行の経営破綻で、2011年3月期末に135億円の債務超過に陥っていた。経営再建に向けて債権者と協議を進めたがまとまらなかった。

原川城治社長は辞任し、大谷利興副社長が社長に昇格する。再生手続き開始が決まった日に就任する予定。東京証券取引所は同日、NISグループを6月10日付で上場廃止にすると発表した。

大谷 利興氏(おおたに・としおき)94年(平6年)松山大人文卒、ニッシン(現NISグループ)入社。02年取締役。09年副社長。愛媛県出身。41歳

(民事再生手続きの開始が決まった日に就任。原川城治社長は退任)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。