みずほ系リース、太陽光発電参入 京セラと提携
投資額200億円、3年で30~40カ所設置へ

2012/8/9付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

みずほフィナンシャルグループ(FG)のリース大手、東京センチュリーリースは京セラとの共同出資で太陽光による売電を始める。東センリースの資金調達力と京セラの技術力を生かして3年間で約200億円を投資。全国30~40カ所に総発電能力で6万~7万キロワットの発電所を設ける。再生可能エネルギーで作る電気の全量買い取り開始を受け、投資競争が激化してきた。

月内にも発電事業を手掛ける「京セラTCLソーラー合…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]